どちらでもOK!フロイトとユングの夢占い論争

当たる夢占いランキング|好きな人の夢、元彼氏の夢を見た?

ランキングNo1無料占いで夢診断!

占い

どちらでもOK!フロイトとユングの夢占い論争

夢占いというキーワードで出てくる、有名な学者といえば「フロイト」と「ユング」です。
1度くらいは聞いたことがある名前でしょうか。

夢占いをしていると、ときどきこの2人の名前や、考え方が記されています。
それぞれ、夢に関しての意見が違いますが、仲良しだったそうですよ。

まあ、いろいろと難しいことを言われているのですが、2人に共通している意見。
それは「夢が深層心理を表す」ということです。

リビドーという、人が持っている基本的な欲求(食欲、睡眠欲、性欲など)について論議していたようです。

フロイトは、性的エネルギーが元になっていて、リビドーを「性的欲望」と解釈しています。
つまり性的な抑圧で、無意識にストレスを抱えて、それが夢に現れるという解釈です。 

ですが、夢の中でも、性的な欲望がそのまま現れるわけではなく、違うイメージをもたせることも。 
例えば、男性のシンボルが「銃、鉛筆、マイク」など。

女性のシンボルなら「洞窟、トンネル」などで夢に登場します。

次に、ユングは、リビドーには沢山の意味があるという見解をしています。
それを「様々な欲求に換えるエネルギー」と解釈しました。

この見解は、現在の精神心理学として考えられています。

さらにユングは、夢は人がもっているコンプレックスなどの、精神的な悩みや不安をを溜めこんだ「深層心理」を表したものとしています。

フロイトはそれを「性的欲望の放置」と言いましたが、逆にユングは「人間の欲望の大きさ」だと言い換えました。 

それから、人それぞれの深層心理を表すものと、大勢の人達が同時に感じる深層心理があるという考えでした。
つまり、普段は抑えられている深層心理が、寝ている間に開放されて、いろいろな夢を作り出すということです。

生きていれば、何かしらのストレスを抱えるもの。
すべての欲求が満たされるなんて、なかなか無いですよね。

そんなイライラ感を、夢を見て発散しようとするのが、人の深層心理だということです。

人前で、抱えているコンプレックスを話したり、悩みについて延々とグチるのも気が引けますよね。
そうなると、はけ口がなくなった感情が、すべて夢になって表れるのです。

人間関係で悩んでいれば、何か言い争ったり、逃げたり、追いかけたり、そういう夢を見やすくなります。
フロイトは、それを「性的欲望」が元なのじゃないかと言っていたわけです。

でもユングは、性的に限らず、まだ知られていない異次元のことがキッカケで、夢に出てくるのでは?という意見。

最終的に、どちらの意見が正解ということではなく、どちらでもOKということで夢占い論争が終わったようです。
夢占いは学者が論議するほど、魅力的なものだったということでしょう。

QLOOKアクセス解析