科学的根拠なし?レム睡眠と夢占いの関係

当たる夢占いランキング|好きな人の夢、元彼氏の夢を見た?

ランキングNo1無料占いで夢診断!

占い

科学的根拠なし?レム睡眠と夢占いの関係

夢占いは、ほとんど科学的な根拠はありません。
そもそも、夢という現象がどのようにして起こるの分からないのです。

いくつか仮説があるのですが、詳しいことは未だに解明されていません。

ですが、レム睡眠(夢を見ている状態)の実験をすると、少しだけ詳しいことが分かります。

レム睡眠中に、寝ている人を起こしてみると、不安感が生じるということです。
「あれ?今なにか夢を見ていたような・・・」という感覚に陥るのです。

その後、また睡眠をとってもらいます。
レム睡眠の時間が長くなる(夢をよく見る)と、さっきの不安感を消すために、心のバランスをとりたくなります。
そこで、自分を癒すような夢を見るのではないかと推測されています。

起きた時には、まだ少し不安感が残るのですが、さっきよりも回復が早いようです。
夢を見ているときに起こされたイライラを、次の夢の中で発散しているとも考えられます。

夢を見ていて、突然起こされると「何だったっけ?」とぼんやりしますよね。
そこで他の人から「夢見ていたでしょう?」と突っ込みを入れられたら、一瞬ムカッとくることも・・・。

「寝てなんかいない」とイライラ感を抑えながらも、またうたた寝をしてしまったら、さっき起こした人が夢に現れることがあります。
完全にその人だと分かることもあれば、動物などに姿を変えていることもあって、ちょっと複雑なのです。

ですから、人はストレスを感じながら寝た時に、夢の中で何らかのかたちで発散している可能性が高いといえます。
イライラさせた本人がキライな動物になって現れ、それを追い払うような行動をしている夢などがそうですね。

まあ、出てきた動物が何かのメッセージを送っているのかと気になって、夢占いをしたとしても、この状態ではあまり意味がないかもしれません。
その人の精神状態によって、結果の解釈が変わってくるからです。

夢占いでは「過去」や「未来」ではなく、常に「今」が優先されます。
さっきのイライラはすでに夢で発散しているので、夢占いで調べても、過去のことになってしまいます。

それに、実際の夢占いでは「解釈が当たっているかどうか」は本人の考え方次第なのです。
それより「その解釈を自分がどう捉えるのか」ということのほうが大切になります。

疲れているときは、眠りが浅くなるといいますね。
悪夢にうなされるのは、精神的な疲れから、よく眠れなくなるからです。

寝てからしばらくすると、夢をよく見るレム睡眠に切り替わります。
そこでイヤな夢を見ていて、ハッと目を覚ましたら不安感とイライラが募ります。

このように、疲労が溜まるとレム睡眠に支障がでて、さらに疲れが溜まります。
疲れていると、夢占いの解釈がまったく違って感じるようになるので、結局、科学的根拠は見つからないのかもしれませんね。

QLOOKアクセス解析