夢占いはいずこへ?正夢と自己暗示の深いつながり

当たる夢占いランキング|好きな人の夢、元彼氏の夢を見た?

ランキングNo1無料占いで夢診断!

占い

夢占いはいずこへ?正夢と自己暗示の深いつながり

イヤな夢を見たとき、1日中ずっと気が重くなりますよね。
すべては覚えていないにしても、衝撃的なシーンは記憶に残ります。

そして、それが本当に起きたらどうしようと考えるのです。
「正夢」になってしまうのではないか・・・。

これは誰もが1度は経験したことのある不安感ですよね。
まさかそんなはずない、と思いながらも、心の中はハラハラドキドキしているのです。

大切な人が事故に遭うとか、ケガをしてツライ思いをしている夢を見たら、不安になりますよね。
大好きな彼にフラれたり、他の女性と仲良くしている夢など、目覚めた時にホッとしながらもイヤな予感がします。

ところで、さっきから不安になっている「正夢」というのは、本当にあるのでしょうか。

夢占いでは、正夢はあまり肯定的にはとられていません。
夢の中で起こることを、細かく分析している占いですから、ストレートに現実になるなんてあり得ないというわけです。

大体、夢で見たものや人を、目を覚ましてからずっと記憶できていることはありません。
衝撃的なシーンですら、時間が経てば説明できなくなっていくのです。

残ったものは、ひたすら不安になっている気持ちだけ。
夢を見ても、見なくても、大切な人がひどいことをしたり、ツライ目にあう可能性はあります。

このように、もともと自分の心の中に潜んでいる焦燥感や心配が、あたかも現実に起こっているような夢になって現れるのです。

正夢を肯定している人の多くは、普段から心配しすぎて、それが何度も夢に現れて「自己暗示」をかけてしまうのです。
「これはきっと夢なんかじゃない、この先の未来を示しているのだ」と。

自己暗示の心理的効果はすごいパワーを引き起こします。
夢の内容すら変えてしまうほど、信じ込んでしまうのです。

夢で起きたことと、現実の境目が分からなくなると、自分で正夢を起こしてしまうことも・・・。

普段から考えていることは、現実になりやすいというでしょう?
正夢を信じていて、きっとイヤなことが起こるはずだと考えていれば、夢にでてきても不思議ではありません、

そういう人ほど「私は正夢をよく見る」などと言いだすのです。
聞かされた人は、本当にそんなことがあるのだと考えて、知らない間に自己暗示をかけてしまうこともあります。

ここまでくると、もはや夢占いの必要性が感じられないですよね。
正夢と自己暗示の関係をよく理解してから、夢占いを楽しむようにしましょう。


QLOOKアクセス解析